英語の悩み

【必見】社会人が英語ゼロから独学でペラペラになる最速の勉強法

2021年8月15日

このブログでは、英語とは無縁だったぼくが社会人でゼロからスタートして海外留学をした経験をもとに、英語学習法をまとめています。

・英語が苦手だけど、社会人からでも英語をマスターしたい。
・英語を話せるようになるにはどこから手を付けるべき?
・英語学習におすすめの教材を教えてほしい。

 

以上のような、英語を話せるようになりたいと思っている人の質問に答えます!

 

本記事で解説することを実践すれば、英語が全く話せない初心者でも、英語が人並みに話せるようになります。

 

なぜなら、英語力が全くゼロの社会人だったぼくでも、本記事のことを実践して、半年でTOEICの点数を800点以上とり、外国人と困らない程度の英語力を身につけることができたからです。

 

英語を勉強した結果、社会人でアメリカ留学、現地企業で働くまでの英語力を手に入れました。

 

本記事では、そんなぼくの経験をもとに、英語をこれから学びたいあなたがやるべき英語学習のコツと、効率的でみるみる英語が話せるようになる勉強方法について解説していきます。

 

筆者の実績

英語力ゼロの社会人から英語の勉強を始め、1年でTOEIC400点→820点、TOEFLスコア80を獲得。アメリカにて日本人ゼロの職場で2年間勤務し、現在も毎日、英語を使って外国人とコミュニケーションを取りつつ仕事をしています。

\なんと21万円分の「スピードラーニング」も無料!/
Audiobookを無料体験してみる



【効果絶大】社会人が英語ゼロから独学で最速でペラペラになる5つの勉強法

さて、早速、英語の上達を早める勉強法を紹介していきます!

 

留学前にやっていたもの、留学中にやっていたものがあり、ネイティブとの会話でも困ることがほとんどなくなったので、効果は実証済みです。

 

いつの時代にも実践されている効果的な勉強法です!

  • 英語のインプットをする
  • 日記をつける
  • 見たことをつぶやく
  • シャドーイング
  • オンライン英会話でアウトプットする

 

これらは、すべて5分ほどのスキマ時間だけでも取り組めるものですよ。

 

それでは一つずつ解説していきます!

 

英語勉強法①:英語のインプットをする

まずは毎日、英語にできるだけふれて英語のインプットをしましょう!

 

英語を話したいなら、話す練習をがんばったほうがいいんじゃないの?
話すには英語の単語や表現を知っていないと話せないよね。

 

英語はインプットしたものしかアウトプットできません。

 

つまり、過去に見たり聞いたりした英単語やフレーズしか話せないということです。

 

英語のインプットを積み重ねると「この英語聞いたことある!」「このときはこうやって話すんだっけ」と思い出せるようになります。

 

インプットの方法は「リーディング」「リスニング」の2つです。

 

そのうち、初心者でも始めやすいのは英語を読むことです。つまり洋書を読むことでリーディングスキルが上がり、使える表現が増えていきます。

 

ぼくは「Kindle Unlimited」を使って時間があるときに海外の絵本や簡単な小説を読んでいました。

 

とはいえ、いきなり洋書を読むのはハードルが高い方は、スマホで英語のニュースを読むことから始めましょう。

 

スマートニュース」なら会員登録なしですぐに英語ニュースを使って勉強ができますよ。

 

他にも英語のインプットができるアプリはたくさんあるので、気になる方はチェックしてみてください!

あわせて読みたい
【2022年最新版】英語多読おすすめアプリ厳選5選【勉強法も解説】

続きを見る

 

また、英語リスニングを始めたい方は、こちらもアプリで練習可能なので、気になる方はどうぞ。

あわせて読みたい
【必見】英語初心者が最速でリスニングを上達させるたった一つのコツ

続きを見る

 

英語勉強法②:日記をつける

英語で日記をつけることで、英語のスピーキングを上達させることができます。

 

日記では、自分が話したい内容を中心に書いてみましょう。

 

英語で話す準備を前もってできるので、いざ外国人と話すときも言葉につまることがなくなってきます。

 

日本人は英文のリーディングはできるけど、ライティングはほとんどの人がやらないんですよね。なので、英語日記を始めるのは周りと差を付ける絶好のチャンスになりますよ!

 

人気記事【初心者OK】英語日記の効果とは?英語力を伸ばすコツも解説

 

英語勉強法③:見たことをつぶやく

通勤中やスキマ時間で、見たことをひたすら英語でつぶやきます!

 

見たことをつぶやくだけで、アウトプットが劇的に増え、考えたことをとっさに英語で話す訓練ができます。

 

どんなものをつぶやけばいいかというと、以下のようなもの。

  • 街の看板の内容
  • 商品の使い方
  • 歩行者の服装

 

見たことを知らない人に説明する感じでつぶやきましょう。周りに人がいて変な人に思われそうなら、口に出さず頭のなかでつぶやくのでもOK!

 

英語勉強法④:シャドーイング

英語のリスニングとスピーキングに効果絶大の練習方法といえば、シャドーイングです!

 

シャドーイングとは、英語を聞きながらマネして発音する訓練法です。

 

シャドーイングは聞きながら発音するという難しい練習方法ですが、効果は絶大でして、以下の効果が期待できますよ。

  • 発音が良くなる
  • 英語のリズムがわかる
  • イントネーション(抑揚)がわかる
  • リスニング力が上がる
  • スピーキング力が上がる

 

Podcast、YouTubeで英語の素材を見つけて言ったことをマネしてみましょう。英語の素材探して大切なのは英語の話すスピード。初心者は早口英語だと練習にならないので、ゆっくり話しているラジオや動画を選びましょう。

人気記事英語学習にぴったりな映画10選【5分で出来る勉強法も解説】

 

英語勉強法⑤:オンライン英会話でアウトプットする

最速で英語をマスターするには、話す時間が多くなればなるほど上達が早いです。

 

スポーツで考えるとわかりやすいのですが、練習せずに技術のノウハウ本を読み込んでも上達しなさそうですよね。

 

英語も同じで、机で黙々と勉強しているだけでは英会話は上達しません。いかに外国人と話す機会を増やすかで英会話の上達スピードが違ってきます。

 

実際に外国人と話すのが本番だとすると、オンライン英会話は練習の場です。

 

スポーツも練習をたくさんした上で初めて試合に出場しますよね。英語も同じでオンライン英会話で練習することで本番でもスラスラ英語を話せるようになります。

 

 

人気記事【比較】3つのオンライン英会話を海外勤務経験者が比較します

 

【英語ができる人はやってる】最速で結果が出る英語勉強の3つのコツ

結論、社会人でも英語は話せるようになります!正直、何歳から始めたかなんて年齢なんて関係ないです。

 

ですが、社会人から英語を勉強するデメリットは、勉強時間が確保しづらいこと。

 

朝から夕方まで仕事で、勉強するのは仕事から家に帰ってから、という人が多いですよね。勉強時間は多くても2時間くらいしか確保できないはず。

 

時間が比較的ある学生と違って、社会人は時間がない中でいかに効率的に勉強できるかが重要なキーポイント!

 

社会人が最速で英語勉強の結果を出すためのコツは次の3つ。

  • 毎日継続する
  • 目標を決める
  • インプットよりアウトプット重視

 

順に解説します。

 

①毎日継続する

結論、英語学習を毎日続けることが早く結果を出す秘訣です!

 

毎日続けるためには「習慣化」がキーポイントになります。

 

英語を話せる理想の自分になるために大事なことは、英語の勉強を習慣化させることです。

 

勉強がめちゃくちゃ苦手だったぼくが英語の勉強を習慣化できたのは、「スキマ時間の有効活用」でした。

 

スキマ時間を活用するだけで、1時間くらいの勉強時間を確保できます。

  • 通勤電車で単語の勉強をする
  • 徒歩移動中は英語のPodcastを聞く
  • ニュースは英語で読む
  • スマホ言語設定を英語にする

 

スキマ時間はそれぞれ5分ほどですが、1回5分を1日トータルで考えると結構長い勉強時間を確保できるので、スキマ時間の勉強法はとても効果的ですよ!

 

英語学習を継続するコツは「【必見】オンライン英会話初心者が挫折せず英語学習を継続するコツ10選」で解説していますので参考にどうぞ。

 

③インプットよりアウトプット重視

最速で英語学習の結果を出すには、アウトプットをどんどんしましょう!

 

日本人が英語を何年も勉強しても身につかない最大の原因は、アウトプット不足です!

 

社会人が英語を話せるようになるまでに必要な時間は1,000時間と言われています。

あわせて読みたい
【解決】「社会人の英語の勉強時間は1000時間必要」は正しいの?

続きを見る

 

ただし、この記事を見ていただいている社会人の方は忙しくて1,000時間もかけてられない!という方が多いですよね。

 

英語を話してアウトプットし続けることで、1,000時間をかけなくても短時間で話せるようになる可能性が高いです。

 

英語を誰よりも早く話せるようになりたいなら、オンライン英会話を活用して英語を話す機会を作ることが大切です!

あわせて読みたい
【比較】3つのオンライン英会話を海外勤務経験者が比較します

続きを見る

 

ちなみに、ネイティブ講師と話すのが苦手という方は、「スピークバディ」でAIキャラクターを相手に英会話の練習ができます。

 

時代は進化しているね!AIと言ってもかなり精度が高いので、一度、「スピークバディ」を試してみるのもいいですね。

 

英語初心者におすすめの英語教材【中学英語で十分】

英語を早く身につけるには、やはり英語の基礎力が大事です。

 

おうちも土台となる基礎部分がしっかりしてないと、土台の上に建物を建てても崩れやすいのと同じですね!

 

英語の基礎学習=中学英語ができればOKでして、英語の基礎学習は以下の内容で十分。

  • 文法
  • 単語
  • 発音

 

英語の基礎学習にオススメなテキストについては『【ゼロからの英語】社会人でも伸びる英語参考書・テキストを紹介【目的別】』で解説していますので、参考にしてください。

 

英語の発音の勉強はテキストよりも動画や音声で勉強するのがベストなので、以下の記事を参考にしてください。

あわせて読みたい
英語学習ができる海外YouTuberまとめ【さらに英語スキルを上げるコツも】

続きを見る

あわせて読みたい
【保存版】英語学習はYouTubeで十分?結果の出る勉強法も紹介

続きを見る

 

【経験談】英語で本当に人生変わった話

ぼくは学生時代は英語は苦手ではないけど、好きでもない科目でした。学生時代は部活に打ち込んでいたので、学生時代は英語をテスト勉強以外、勉強したことはありません。

たいして勉強もせず、毎日遊んでばかりで、なんの取り柄もない、まさに「平凡」という言葉がぴったりな学生でした…。

 

部活とバイトに明け暮れて、「海外留学しよう」とか「海外で生活したい」なんて考えは1ミリもありませんでした。

 

そんなぼくですが、「なにか自信をつけたい!」と思って、社会人から英語を猛勉強しました。

 

実際、英語を話せるようになると人生の可能性が一気に広がります。

 

日本にいる限り、英語を話せなくても何不自由なく生活できますよね。しかし、英語を話せるようになると、人生が180度変わってしまうような経験ができます。

 

英語ができる主なメリットは次のとおり。

  • 海外旅行が楽しくなる
  • 外国人の友達ができる
  • 仕事の選択肢が広がる
  • 海外で暮らせる

 

上記の他にも、英語が話せるようになると、想像もできなかったようなメリットがたくさんあります!

 

ぼくも、英語を話せるようになった結果、最終的にアメリカでの勤務経験があります。

 

留学によって外国人の友達ができ、今まで知らなかった世界を知ることができました。

 

そして、人生が一気に楽しくなりました!

 

前置きが長くなってしまいましたが、英語ができるメリットは「【体験談】英語ができるだけで世界が広がる3つの理由」で詳しく書いているので、参考にしてください。

 

 

まとめ:継続&アウトプットをしよう

 

英語を最速で身につけるためには、地道な勉強が必要だったりします。

 

しかし、従来のテキストで勉強するスタイルだと英語習得までとても時間がかかるんですよね。

 

今では、オンライン英会話や英語アプリを使うなど、インターネットを活用することで英語習得にかかる時間を短くすることができます!

 

しかし、本記事を読んでも99%の人は英語の練習を始めません。素直に実践して、実際に英語が話せるようになる人はわずか100人いたら1〜2人ほど。

 

本記事で紹介した英語の勉強法を1つずつでいいので、今日から始めていただけるとうれしいです!

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

あわせて読みたい
英語学習にぴったりな映画10選【5分で出来る勉強法も解説】

続きを見る

あわせて読みたい
手遅れじゃない!30代でも1年で英語を話せるようになる最強の勉強法

続きを見る

  • この記事を書いた人

コーディ

就職後、英語ゼロから社会人留学をし、のちにアメリカ勤務。ブログ歴3年目で、本ブログのアクセス数は月間3,000PVほど。 クローズドASP依頼獲得。ブログを書くことが趣味で、ブログ仲間を募集しています。

-英語の悩み