英語の悩み

【解決】「社会人の英語の勉強時間は1000時間必要」は正しいの?

社会人が英語をマスターするのに1,000時間必要はホント?

 

本記事ではこんな疑問を解決します。

 

社会人が英語を話せるようになる必要時間は1,000時間と言われていますが、本当に1,000時間も必要なのか気になりますよね。

 

間違った勉強をすると1,000時間以上勉強しても一向に英語が身につかないのが現実です。

 

本記事では、社会人が英語を勉強するのに1,000時間必要なのか、その理由を探っていきます。

 

「社会人の英語の勉強時間は1,000時間必要」は本当なのか

タイトルのとおり、社会人が英語をマスターするには1,000時間必要という話を聞きますよね。

 

ネット界隈で英語の勉強時間は1,000時間必要と言われている理由を見ていきましょう。

①アメリカの調査を根拠にしている

ネット界隈で言われている1,000時間の根拠は、Foreign Service Institute(FSI)というアメリカの機関が公表しているデータです。

 

FSIは外交官などの専門職を養成するアメリカ国務省の組織で、政府高官を目指すアメリカ人が多言語を習得するのに必要な時間を言語別にまとめられています。

 

アメリカ人が日本語を習得するのは2,200時間必要とされています。

 

英語と日本語は最もかけ離れた言語であり、このことから日本人も英語を習得するのに2,200時間必要だよね、という結論です。

 

しかし、あくまでもこのデータはアメリカ人が日本語を学ぶのに必要な時間で、日本人に置き換えるのは微妙かと思っています。

 

 

②幼児期からの勉強時間を含めると残り1,000時間必要

幼児期からの学習時間を含めると1200時間くらいだから、これから英語を勉強するなら1,000時間必要だよね、という話です。

 

学生時代に英語を学ぶのは中学・高校時代で、6年間で1,200時間も勉強していないという方が多いのではないでしょうか?高校は英語が必修でないケースもあるので、人によっては1,000時間以上必要な場合もあります。

 

どんな方法で英語を勉強するかによって必要な学習時間は変わる

英語を話せるようになるには1,000時間必要ということですが、この1,000時間をどうやって勉強するかによっても変わってきますよね。

1,000時間ひたすらリーディングだけしても話せるようにならないのは想像できるかと思います。かといって1,000時間、ずっとスピーキングの練習だけしても、とりあえず初歩の会話はできるけど、高度な英語表現ができないまま時間だけが過ぎてしまいます。

 

具体的に1,000時間で英語をマスターできる目安の期間は次のとおり。

  • 1日1時間勉強=1,000日(2年7か月)かかる
  • 1日2時間勉強=500日(1年4か月)かかる
  • 1日3時間=333日(11か月)かかる

 

1年で英語が話せるようになる3つのコツ

  • 話したい分野を絞る
  • 英語のシャワーを浴びる
  • 毎日続ける

順に解説します。

 

①話したい分野を絞る

英語を話したい分野,実際に使う可能性が高い内容に絞って勉強しましょう。「なんとなく日常会話をマスターしたい」だと勉強する範囲が広すぎて時間がかかりすぎます。

 

例えば、会社の説明を英語で話せるようにしてみる、販売商品でよくある質問を英語で覚えてみるなど。

 

実際にぼくも話せる分野を一つ使って実践したところ、割とスムーズに英語で話せて自信になり、もっと英語を学びたい!というモチベーションアップになりました。

 

このように話したい分野を絞って、小さな成功体験を積み重ねていきましょう。

 

②英語のシャワーを浴びる

起きている間は英語のシャワーを浴びて英語漬けの環境作りを作るようにしましょう。

 

英語に触れる時間が長ければ長いほど、英語をマスターするまでの時間を短縮できます。

「英語漬けの生活は海外留学とかしないと無理じゃない?」と思うかもですが、工夫すれば日本でも日本語がない自分だけの世界を作ることができます。

 

ぼくが英語を勉強し始めたときにやってみてよかったのは以下のようなこと。

  • スマホの言語設定を英語にする
  • スキマ時間は英語のリスニング
  • 日本のニュースも英語でチェックする

 

どれもやろうと思えば簡単なことですが、些細なことなのでほとんどの人が実践しません。

 

本記事を読んでいただいている方は真剣に英語を学びたいと思っている方が多いと思いますので、上記のことを実践してみましょう。日常生活を大きく変えることは大変ですが、小さな変化なら簡単にできますよ。

 

③毎日続ける

語学学習はとにかく毎日継続することが大切です。

「英語がいつまでもできない」という方のほとんどは継続ができていないという原因がほとんど。

 

週末にまとめて勉強するよりも毎日30分でもいいから英語を勉強するようにしましょう。上記の3つの方法を実践すれば,簡単に継続出来ます。

 

英語の独学が不安な方へ

英語の独学に不安を感じる方は、1年英語マスタープログラムの「トライズ」で専属コンサルタントの助けを受けつつ学習するのも選択肢の一つ。学習内容はハードですが、1年間で効果が実感できる英語スクールとして人気です。なるべく時間をかけずに英語をマスターしたいけど,独学は不安、という方は検討してみてください。

  • この記事を書いた人

コーディ

就職後、英語ゼロから社会人留学をし、のちにアメリカ勤務。ブログ歴3年目で、本ブログのアクセス数は月間3,000PVほど。 クローズドASP依頼獲得。ブログを書くことが趣味で、ブログ仲間を募集しています。

-英語の悩み