英語の悩み

手遅れじゃない!30代でも1年で英語を話せるようになる最強の勉強法

2021年10月15日

30代から英語勉強を始めるのは遅くない?忙しくても英語が話せるようになる勉強法を知りたいな。

 

本記事ではこんな悩みを解決します。

 

本記事でわかること

  • 30代からの語学学習が遅くない理由がわかる
  • 大人の英語勉強法がわかる
  • 忙しくてもできる勉強の時間配分がわかる

 

新型コロナウイルスの影響でおうち時間が増え、
なにか新しいことにチャレンジしたい人も多いと思います。

 

そんな中、おうち時間を『英会話』の勉強に使う人も増えてきています。

 

今回は、社会人になってから英語を勉強して海外留学できたぼくが、30代からでも英語を話せるようになる勉強法を解説していきます。

 

本記事で紹介する勉強法を実践して英会話ができるようになれば、キャリアアップができるほか、海外旅行が10倍楽しくなりますよ。

 

30代から英語を勉強し始めても遅くない理由

 

結論、英語は30代から始めても遅くありません。

 

事実、30代、もっと上の40代、50代から英語の学び直しをしている人はたくさんいます。

 

30代から英語を勉強し始めても遅くない理由を解説します。

 

昔より勉強しやすい環境がある

30代のあなたが学生のとき、英語を勉強するなら参考書くらしかありませんでしたよね。

 

それからスマホが普及しだしてから、
スマホがあればどこでも英語アプリで勉強できるようになりました。

 

英会話教室に通わず、家でネイティブと話すことが出来ます。

 

つい10〜20年前にはできなかったことが
今の時代では、できるようになっています。

 

テクノロジーの進歩によって、
英語を効率的に勉強する方法がどんどん増えてきました。

 

英会話習得に必要な時間も短くなったので、
大人でも英語を身につけるのは昔より簡単です。

 

ネイティブレベルになる必要はない

よく言われるのは、「英語を勉強するなら若ければ若いほうがいい」ということ。

 

これは半分正解で、半分間違っているといえます。

 

なぜなら、ネイティブスピーカーと
同じレベルである必要がないから。

 

英語を勉強する目的は、ネイティブスピーカーになることではなく、
英語で海外の人とコミュニケーションを取ることですよね。

 

英語はあくまでコミュニケーションをとるためのツールで、
相手に伝わる英語であれば十分。

 

相手に伝わる英語であれば、
大人になっても身につけることは十分可能です。

 

 

30代から英語を勉強するメリット

30代は仕事や家庭もあるし、
とにかく忙しくて、勉強するヒマがないのも事実。

 

でも、忙しいのを理由に英語を諦めるのは
あまりにももったいないです。

 

英語を話せるようになると、以下のような十分なメリットがあります。

  • 海外旅行が楽しくなる
  • 給料が上がる
  • 仕事ができる人と思われる

これらは、ぼくがゼロから英語を話せるようになって
感じたメリットの一部。

 

英語ができることのメリットは『【体験談】英語ができると人生が変わって得すること14選』で詳しく説明しています。

 

30代からでも効果的な英語勉強法

 

ここからは、ぼくが実際に実践した
英語勉強法を紹介していきます。

 

定番のものもありますが、
効果が高いものばかりですよ。

 

英単語

ぼくの場合、「オーディオブック」と「英単語本」を使ってスキマ時間で勉強しました。

 

移動時間なんかは、本を見るより、
聞いて英単語を覚えるほうが効率的です。

 

ぼくがいつも使っているのは、「Audible」という
Amazonのオーディオブックです。

書籍だけでなく、以下のような英語教材が豊富にあります。

  • キクタン英会話【基礎編】
  • キクタン【Basic】4000語レベル
  • キクタン【Super】12000語レベル

 

Audible」なら1冊無料なので、まずはお金をかけずに
英単語の勉強を初めて見るのがいいですね。

 

>>Audibleで英単語教材を見てみる

 

「紙の本で見て覚えたい」という人は英単語本でもOKです。

 

英単語はスキマ時間で勉強する程度で十分です。

 

たとえば、

  • 電車を待っているとき
  • トイレに入ったとき
  • ベッドで寝る前

などなど。

 

英単語はがっつり時間をかけて1回で覚えようとしないほうがいいです。

 

繰り返し何度も英単語を覚えるほうが、
結果的に多くの英単語を覚えられるようになります。

 

文法

英語文法はForestを使っていました。

 

参考書を使う時のポイントは、最初のページから全てやろうとしないこと。

 

全て勉強しようとすると、必ず挫折します。

 

目次を見て、気になった文法、これ使いそうだなと思った文法を勉強していくようにしましょう。

 

リスニング

英語のリスニングはPodcastを主に使っていました。

 

よく聞いている番組は以下のとおり。

  • All Ears English Podcast
  • Hapa英会話 Podcast
  • VOA Learning English

なかでも、3番目の「VOA Learning English」は使っている単語がやさしく、
スピードもゆっくりめなので、英語初心者におすすめの番組です。

 

その他、洋書のリスニングもリスニングには効果的。

 

洋書も、先ほど紹介した『Audible』でたくさん種類があります。

 

洋書のCDを普通に買うと数千円するんですよ。
Audible』で1冊無料で手に入れて、繰り返し聞けばOKです。

>>Audibleでリスニング教材を見てみる

 

スピーキング

ぼくが実際に使っていた方法は2つ。

  • 瞬間英作文
  • オンライン英会話

移動時間などは『どんどん話すための瞬間英作文トレーニング』を使ってスピーキング練習をしていました。

 

周りに人がいて英語をブツブツ言っていると白い目で見られるので注意。

家の外で使うときは、小さくつぶやくか、
声に出さず頭のなかで英文を言っていました。

 

家に帰ってからは、オンライン英会話を使って
スピーキング力向上を意識しました。

 

オンライン英会話は練習した英語を練習する場として最適です。

 

覚えた英単語やフレーズを実際に使ってみることで、
より記憶に残りやすいように感じます。

 

ちなみに、「DMM英会話」を使っていました。

詳しく知りたい方は、「DMM英会話は効果ある?費用は?口コミは?【実際に使った感想】」を参考にしてみてください。

 

30代がやるべき勉強の時間配分

30代は、仕事もバリバリこなして、
家族との時間も大切にしたい。

 

そんな時期で毎日がめまぐるしく過ぎていきます。

 

日本人が英語を習得するのにかかる時間は、
およそ約2,200時間といわれています。

 

中学校・高校で半分の1,000時間は英語を勉強しているので、残り1,000時間が必要です。

 

1年で1,000時間で勉強する場合、
単純計算で、1日の勉強時間は2時間30分。

 

忙しくてそんなに勉強時間がとれないかもですが、
工夫すれば意外と可能なんですよね。

 

実際に僕が実践している英語勉強の時間配分を紹介します。

 

これを実践して、3ヶ月でTOEICで高得点を取れるようになったので、
割と効果的だと思います。

 

英語勉強の時間配分

  • 出勤前の時間:15分
  • 行き帰りの通勤時間:1時間
  • 昼休みの15分
  • 夜、帰宅後 30分
  • オンライン英会話 25分

 

上記でほぼ2時間半になります。

これだと、「自分もできそうかな。」と思いませんか?

 

まとめ:英語を話せるだけで周りと差がつく

英語を始めるのは30代でも全然遅くありません。

英語が話せればキャリアアップにつながるし、不思議と自分に自信もついてくるんですよね。

 

英語は毎日、少しでもいいから勉強すれば、確実にできるようになります。

 

今回、紹介した30代からできる英語勉強法を
1つでも実践してもらえればうれしいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

コーディ

就職後、英語ゼロから社会人留学をし、のちにアメリカ勤務。ブログ歴3年目で、本ブログのアクセス数は月間3,000PVほど。 クローズドASP依頼獲得。ブログを書くことが趣味で、ブログ仲間を募集しています。

-英語の悩み