テニス

【テニス】ダブルスでなぜか勝てないペアの特徴5選【お悩み解決】

2021年11月12日

練習のボレストやストロークは上手くいくのに、ダブルスの試合になると勝てない。なにが原因なんだろう…

 

本記事ではこんな悩みを解決します。

 

ダブルスは戦略さえあれば、、格上の相手にも勝つことができるのが面白いところですよね。

 

でも、「テニスは上手いのに試合になると勝てない」という人がいます。

 

ぼくはまさしく「練習は上手いけど、試合では勝てない人」だったので、試合に出るたびに悔しい思いをしてきました。

 

上級者のプレーを研究しているうちに、「勝てないペアがやっている特徴」があることに気づきました。

 

今回はダブルスで勝てない人の特徴を解説していきます。

 

本記事を参考にすれば、今まで勝てなかった相手にも勝てるようになり、テニスがより楽しくなりますよ!

 

ダブルスの陣形については、『【テニス】平行陣、雁行陣のメリット・デメリット、どっちが強い?』で解説していますので、合わせて参考にどうぞ。

 

テニスの最新技術を知るために雑誌をチェックしている方も多いですよね。『Kindle Unlimited』ならスマホでさくっと「Tennis Magazine」などのテニス雑誌を読めて、練習中にチェックすることもできますよ!

>>30日無料体験を試してみる

 

ダブルスで勝てないペアの特徴5選

結論、ダブルスで勝てない人がやってしまっているNGなことは次の5つ。

  1. ポーチに出ない
  2. サインプレーをしてない
  3. 前衛が動かない
  4. 決めに行き過ぎている
  5. センターセオリーを意識してない

 

順に解説します。

 

勝てない人の特徴①:ポーチに出ない

前衛がポーチに出ないペアはなかなか勝てません。

 

ダブルスでは前衛の動き方の良し悪しで、勝ち負けがほぼ決まると言っても過言ではないんですよね。

 

特に重要なのは、自分たちのサービスゲームの時です。前衛はポーチに出ないペアは勝てません。

 

ポーチに出てこないとわかれば、リターン側はノープレッシャーでリターンができます。

 

「クロスに打てば前衛にボレーされない」とわかっているので、サービス側がポイントを取ることが難しくなってきます。

 

こうならないように、相手にプレッシャーを与えられるのが、「ポーチ」というプレーです。

 

前衛がポーチに出れば、相手は「このペアはポーチに出てくるからストレートに打とうかな」とか考え出します。

 

有効な「ポーチ」ですが、次のような場面が効果的。

  • 味方のサーブがセンターに入ったとき
  • 味方のリターンが足元に沈んだとき
  • 味方のストロークがベースライン深くに入ったとき

 

上記の場面になったときはポーチに出ると決まりやすいです。

 

ちなみに、ポーチに出る目安は1ゲームに最低2回1ゲームで1回もポーチに出ないのは勝利を捨てたようなものと考えてください。

 

ポーチに出るときはストレートに打たれてもしょうがないと思って勢いよくポーチに出ましょう。

 

勝てない人の特徴②:サインプレーをしてない

ダブルスは2人でペアなのに、相談せずにプレーしているペアは勝てません。

 

ポイントが始まる前に相談すると、味方の動きが予想できます。1ポイントごとに以下のようなことを事前に相談しましょう。

 

  • サーブはどこに打つか
  • ポーチに出るのか
  • 相手の弱点は何か
  • センターは誰がケアするのか

 

たかが10秒ほどの相談かもですが、驚くほどの効果がありますよ!

 

勝てない人の特徴③:前衛が動かない

ポーチと似ていますが、前衛が全く動かないペアは勝てません。

 

前衛はボレーをするだけの役割ではないです。

 

ボールを打たない間も、動いて相手に前衛を意識させることが重要。

 

ちょろちょろ動く前衛がいると目障りですし、どこに打てばいいかわからなくなってイヤですからね。

 

ポーチに出るのはもちろんですが、フェイントのモーションを使っていきたいです。

 

ポーチに出るふりをして出ない、フェイントをかますだけでも十分効果的。フェイントは、まずは肩を動かしてみることから始めましょう。

 

肩だけ動かして重心は真ん中をキープすれば、どのボールにも反応できます。慣れてきたら、相手が打つ前にセンターに寄って戻る、というフェイントを入れていきましょう。

 

フェイントを入れたら終わりではなくて、自分のほうにボールがくる可能性があるので、しっかり準備して待ちましょう。

 

勝てない人の特徴④:決めに行き過ぎている

ポイントを早く終わらせようと、強打しまくったり、決めに行きすぎると勝てません。

 

カッコいいボレーで決める1ポイントよりも、相手のミスで得る1ポイントのほうが簡単です。

 

テニスはミスは当たり前だけど、ミスが多い方が負けるスポーツです。チャンスボールでもないのに無理やり決めに行くのはNG。

 

相手のボールをまずは返し続けましょう。すると、相手のボールが浮いてチャンスボールになる瞬間が来ます。

 

チャンスボールになったら決めればいいわけで、それまでは確実に返球して、相手に1球でも多く打たせる意識にしましょう。

 

勝てない人の特徴⑤:センターセオリーを意識してない

「センターセオリー」を意識してないペアは勝てません。

 

やっぱり「センターセオリー」はダブルスの基本です。基本に忠実なペアがなんだかんだ1番強いんですよね。

 

サーブをセンターに打てば、前衛が取れる範囲にリターンが返ってくる確率が高くなります。

 

ボレーをセンターに打てば、相手はお見合いをしてボールを見送ってしまいます。

 

ポーチもセンターに打てば、前衛はボールに触れず、後衛がいたとしても無理な体勢で取らざるを得ません。

 

また、センターに打つことで、アウトになるリスクがほぼなくなります。

 

サイドを狙えば、一発で決まるかもですが、その分、チャンスボールをアウトしてしまう、なんてことが頻発します。

 

テニスの最新技術を知るために雑誌をチェックしている方も多いですよね。『Kindle Unlimited』ならスマホでさくっと「Tennis Magazine」などのテニス雑誌を読めて、練習中にチェックすることもできますよ!

>>30日無料体験を試してみる

 

まとめ:ダブルスは実力よりも戦術

本記事では、ダブルスで勝てないペアの特徴5選を紹介しました。

  1. ポーチに出ない
  2. サインプレーをしてない
  3. 前衛が動かない
  4. 決めに行き過ぎている
  5. センターセオリーを意識してない

 

「上記のことをやってしまっていた、、、」と
心当たりがある人は一つずつ改善してみてください。

 

全て改善できれば、試合でもそう簡単には
負けないテニスをすることができます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

  • この記事を書いた人

コーディ

就職後、英語ゼロから社会人留学をし、のちにアメリカ勤務。ブログ歴3年目で、本ブログのアクセス数は月間3,000PVほど。 クローズドASP依頼獲得。ブログを書くことが趣味で、ブログ仲間を募集しています。

-テニス