当ページのリンクには広告が含まれています。 英語の悩み

オンライン英会話で日本人講師と話すのが恥ずかしいと思う3つの理由と解決法

2020年12月17日

いきなり外国人講師と英会話をするのは不安だから、日本人講師から始めたい。でもなんだか日本人に英語を聞かれるのが恥ずかしいな。

 

本記事ではこんなお悩みを解決します。

 

本記事でわかること

  • 日本人講師と英会話をするのが恥ずかしい理由・原因がわかる
  • 日本人講師との英会話のメリットがわかる
  • 「英語を話すのが恥ずかしい」を解決する方法がわか

 

英語初心者だから日本人講師とレッスンしたいけど、日本人と英語を話すのが恥ずかしいと悩んでいませんか?

 

ぼくも外国人と話すのはOKだけど、日本人と英語を話すことに苦手意識を持っていました。

 

しかし、ニューヨークでの留学生活を経験し、あることに気付けたことで、日本人と英語を話しても恥ずかしいと思うことがなくなりました。

 

本記事の前半では、日本人講師との英会話が恥ずかしいと思う理由について、本記事の後半では恥ずかしい気持ちを解決する方法について解説していきます。

 

本記事を読み終えると、日本人講師とのレッスンの仕方がわかり、あなたの英語の成長スピードを加速させることができますよ!

 

 

日本人講師と英会話をするのが恥ずかしい3つの理由

日本人講師と英会話をするのが恥ずかしいと感じてしまう人は意外と多いです。恥ずかしいと感じてしまう理由は次の3つ。

  • 非日常のシチュエーションに慣れない
  • 英語が下手だと思われたくない
  • 人見知りな性格だから

 

順に解説していきます!

 

①非日常のシチュエーションに慣れない

日本人同士で英語を話すという非日常のシチュエーションに慣れないために、恥ずかしいと感じてしまいます。

 

日本人同士であれば、当たり前のように日本語を使うので、英語で会話をすることはありえないですよね。

 

また、新型コロナウイルスの影響でリモートワークが普及しましたが、パソコンの画面上で会話するという状況も恥ずかしいと感じてしまいます。

 

②英語が下手だと思われたくない

英語が下手だと思われなくないというプライドが少なからずあって恥ずかしいと感じてしまいます。

人は誰しも優秀だと思われたい、という潜在的な欲求があります。欠点を人に見せるというのは勇気のいることです。

 

「英語が初心者だから上達したい!」と思って英語を習うとはいえ、無意識に自分をよく見せようと思うほど、恥ずかしい気持ちが芽生えてしまうんですよね。

 

③人見知りな性格だから

ある調査によると、自分のことを人見知りだと思っている日本人は7割いると言われています。

 

ぼくは極度の人見知りなので、日本人と英語で話すのがとても苦手でした…。

 

初対面の人とマンツーマンで話すのは緊張しますよね。さらに英語で話さなければならないとなると、恥ずかしいという気持ちが倍増してしまいます。

人気記事【保存版】オンライン英会話で初心者の9割が緊張をしなくなる10のコツ

 

日本人講師と英語を話すことで得られる3つのメリット

  • 英語が聞き取りやすい
  • わからないことは日本語で聞ける
  • 英語を習得するポイントを熟知している

 

ひとつずつ解説していきます。

 

メリット①:英語が聞き取りやすい

日本人にとって、日本人の話す英語が聞き取りやすいというメリットがあります。

 

英語ネイティブのような日本人講師でも、こちらが聞き取りやすいように話すスピードを調整してくれたり、わかりやすい表現を使って話してくれるので安心なんですよね。

 

メリット②:わからないことは日本語で聞ける

日本人講師ならわからないことは日本語で聞いてしまってもOKです。

 

ここがわからないんだけど、どうやって英語で伝えていいかわからない、と思うことがありますよね。

 

日本人講師ならそのような心配は不要で、日本語でサクッと質問して次回のレッスンに活かすことができます。

 

メリット③:英語を習得するポイントを熟知している

日本人講師は、日本人が英語を習得したモデルとなるので、日本人が英語学習で困ることを熟知しています。

 

英語ネイティブ講師は英語を母語として話している人なので、第二言語として英語を学んでいる人の気持ちは100%理解することができません。

 

ぼくらは漢字を使いこなしていますが、日本語を習うアメリカ人には漢字はとても難しいと感じるのと同じですね。

 

日本人講師は日本人ならではの英語の悩みも解決してくれるので、特に英語初心者の方は日本人講師のほうが合っている場合も多いです!

 

【解決法】英語の余計なプライドは捨てるべき

日本人講師と英語を話すのは恥ずかしいという悩みを解決するには、下手だと思われなくないというプライドを捨てることです。

 

私は社会人になってから、ニューヨークで留学の経験があります。アメリカは人種のるつぼと言われるくらい、多様な人種が集まっており、特にニューヨークは大都市なので、他国から出稼ぎで来た人、観光で来ている人、実にいろんな人がいます。

 

海外ではどんなに英語が苦手でも、英語を使わないと自分の考えていることを伝えられません。

 

恥ずかしいと思っていたら、自分の言いたいことも言えず、自分が損してしまいます。

 

海外にいて感じたことは、英語が下手だから話せないのは損するということ。アメリカで生活していると、ぼくからしても英語が下手だなと感じる人もたくさんいます。そんな人達も躊躇せず英語を使ってコミュニケーションをしているのを何度も目撃しました。

 

英語が下手だから話すのが恥ずかしいと思っていたのですが、留学を経験したことでそれは間違った考え方だったことが身にしみてわかりました。

 

オンライン英会話で恥ずかしいと思うのはもったいない

オンライン英会話はあくまで練習の場なので、英語を話す時間をできるだけ多く作れるかによって、英語の成長スピードが変わってきます。

 

英語を話したいのに恥ずかしいと思ってしまうと、英語を話すのを躊躇してしまって、自分が英語を話す時間が減ってしまいます。

 

せっかくお金を払ってレッスンしているのに、恥ずかしいと思っていたらもったいないですよね。

 

日本人講師だからといって恥ずかしがらず、積極的に日本人講師と選んでレッスンすると、英語が上達するスピードも変わってきますよ!

 

まとめ

日本人講師と英会話をするのが恥ずかしいと感じる3つの理由は次のとおり。

  • 非日常のシチュエーションに慣れない
  • 英語が下手だと思われたくない
  • 人見知りな性格だから

 

そして、恥ずかしい気持ちを忘れて英会話を上達させるには、「英語が下手だと思われたくない」という余計なプライドを捨て去ってしまうことです。

 

オンライン英会話でたくさん話して、たくさん失敗する回数が多いほど、英会話の上達が格段に早くなります。

 

本記事が少しでもあなたの英語スキルアップに繋がればうれしいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

  • この記事を書いた人

コーディ

就職後、英語ゼロから社会人留学をし、のちにアメリカ勤務。ブログ歴3年目で、本ブログのアクセス数は月間6,000PV。 クローズドASP依頼獲得。ブログを書くことが趣味で、ブログ仲間を募集しています。

-英語の悩み