テニス

知らないと恥ずかしい?テニス観戦で知っておくべきマナーと準備

2019年12月1日

テニス観戦で知っておくべきマナー

テニスの試合を初めて観に行くんだけど、知っておくべき観戦マナーってあるの?テニスってマナーに厳しいイメージがあるから恥ずかしい思いはしたくないな。

 

本記事ではこんな疑問を解決します。

 

近年、錦織圭選手や大坂なおみ選手が人気となり、テニスに興味を持った人も多いのではないでしょうか。

 

せっかくなら、テニスの大会でプロテニスプレーヤーを生で見てみたくなりますよね!

 

でも、テニスの試合観戦は、他のスポーツと違って、テニス独特の観戦のしきたりやルールがあります。

 

テニスの観戦のマナーやルールを知らないために恥ずかしい思いをするのは避けたいですよね。

 

本記事では、テニス観戦が初めての方でも安心して試合観戦をするために知っておくべきマナーを解説していきます。

 

筆者はテニス歴15年以上で、これまで日本で開催される「楽天オープン」はもちろん、全米オープンなど多くのテニス観戦経験があるので、現地の様子を熟知した上で解説していきます。

 

本記事を参考にすると、テニス観戦が初めての方も安心して会場で観戦ができますよ!

 

テニス観戦は他のスポーツにはない魅力がたくさん!

今ではYouTubeなどでテニスの試合のダイジェストを見ることができますが、やっぱり生で見るのはとてもおもしろいです!

 

テニス観戦の魅力をいくつか紹介します。

 

緊張感を味わえる

試合の緊張感を味わうことができます。

 

テニスは他のサッカーや野球と違って、応援できる時間が限られています。プレイ中は原則、声を出してはいけないので、緊張感が生まれやすいんですよね。

 

生でテニス観戦をすると、自分も選手と一体になってプレイしているような緊張感を味わうことができるのが魅力です。

 

近くで応援できる

他のスポーツと比べて、テニスは選手と観客席の距離が近いので、選手の近くで応援できます。

 

声援も選手に届きやすいので、応援している選手がいたら、積極的に応援してみてください!きっと選手のモチベーションも上がるはず!

 

テニス観戦で知っておくべきマナー

テニス観戦で覚えておくべきマナーは次のとおり。

 

  • フラッシュ撮影禁止
  • 動くのは禁止
  • 音を出すのも禁止
  • 飲食はOK
  • 服装はほぼ自由
  • 声援はOK
  • 持ち込み制限がある

 

ひとつずつ見ていきましょう!

 

フラッシュ撮影禁止

試会場では原則、フラッシュ撮影は禁止されています。

 

選手のプレー妨害につながり、最悪、会場から追い出されることもあります。

 

カメラで撮影すること自体はOKですが、フラッシュ撮影はしないようにしましょう。

 

音を出すのも禁止

プレー中に音を出す行為はしないようにしましょう。

 

特に、スマホのカメラや一眼レフカメラは「シャッター音」が出るので気をつけてくださいね。また、着信音などもNGなので、会場に入ったらマナーモードにしておきましょう。

 

ポイントとポイントの間は会場はザワザワしているので、音を出しても割とOKです。

 

動くのは禁止

ポイントとポイントの間に大きく動くのもダメです。たとえば立ち上がったり、トイレに席を立ったりという行動です。

 

プロ選手の集中を邪魔しないために、動くならゲームごとの休憩タイムにトイレなどに行くようにしましょう。

 

飲食はOK

試合を見ながら食べたり飲んだりすることは、ほんどの会場でOKです。

 

会場の周りで食べ物やドリンクを買うことができます。海外ではビールやカクテルなどのアルコールも提供されていますよ。

 

服装は自由

いわゆるドレスコードはほぼありません。

Tシャツ短パンでもOKでして、ぼくも服装について注意されたことはありません。

 

常識的な範囲であればどんな服装でもOKですね。

 

声援はOK

プレイ中以外の時間であれば、声をだして応援してもOKです。

 

選手はだれしも応援されると嬉しいものなので、ピンチの場面になったら応援しましょう!

 

持ち込み制限がある

入場する前に手荷物検査がある場合があり、試合会場に持ち込みができない場合があります。

 

大きな荷物は会場に持っていかないようにするか、会場内にあるコインロッカーに預けましょう。

テニス観戦であると便利なもの

テニス観戦に行く際は、「チケット」さえあればOKですが、より一層楽しむためにあると便利なグッズを紹介します。

 

双眼鏡

双眼鏡があると、遠くにいる選手の表情がわかるので便利です。

 

多くの試合は肉眼でも近くで選手を見ることができる会場なのですが、ランキング上位の選手の試合や、決勝戦などは大きな会場で試合をすることが多いです。

 

人気が高い試合になるほど、前列に近い席のチケット料金は高額なので、ほとんどの方は後ろのほうの席で見ることになります。

 

後ろの席だと選手が豆粒くらい小さくてあまり楽しめないこともあります。そんなときのために双眼鏡を持っておくと、選手の表情を見られるので便利ですよ。

 

帽子

テニスコートは屋根がないのがほとんどなので、長時間、直射日光を浴び続けます。

 

日焼けを防ぐためにも、つばの広い帽子をもっていくと快適にテニス観戦ができますよ。

 

日焼け止め

帽子と合わせて日焼け止めもあると便利です。

 

まとめ

今回はテニス観戦で知っておくべきマナーについて紹介していきました。

  • フラッシュ撮影禁止
  • 動くのは禁止
  • 音を出すのも禁止
  • 飲食はOK
  • 服装はほぼ自由
  • 声援はOK
  • 持ち込み制限がある

 

はじめてテニス観戦に行く方は参考にしてみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

  • この記事を書いた人

コーディ

就職後、英語ゼロから社会人留学をし、のちにアメリカ勤務。ブログ歴3年目で、本ブログのアクセス数は月間3,000PVほど。 クローズドASP依頼獲得。ブログを書くことが趣味で、ブログ仲間を募集しています。

-テニス