当ページのリンクには広告が含まれています。 テニス

【テニス】勝てる!左利きスライスサーブのリターンがうまくなるコツ

左利きのスライスサーブがとっても苦手。うまくレシーブするコツを知りたいな。

こんな疑問を解決します。

本記事はこんな人にオススメ

  • 左利きの選手に苦手意識を持っている
  • 左利きの特徴を知りたい
  • リターンがうまくなりたい

左利きの選手と対戦するのに苦手意識を持っている人が多いと思います。

特に左利きでイヤだなと思うのがスライスサーブですよね。

練習で左利きのサーブをリターンする機会がない人にとっては、試合で対戦したくない相手。

でも、左利きの特徴をきちんと把握しておけば左利きのサーブもしっかりリターンできるようになります。

左利きとの試合が得意になれば、自慢できますよね。

それでは、左利きスライスサーブのリターンで知っておくべきことを解説します。

サーブの回転が逆

そんなの当たり前だと言う事は1番の重要ポイントです。

どんなサーブでも縦回転と横回転がかかっていますのですが、スライスサーブは横回転が強くかかっています。

左利きのスライスサーブの場合、ボールがラケットのガットの面に当たる瞬間、

ボールの横回転の摩擦によって、打ちたい方向よりも右に飛んでいきます。

フォアサイドからリターンする場合、そのままクロス方向に打ち出すと、

ボールの横回転の摩擦によって右、つまりストレート方向に飛んでいきます。

右利きのサーブのリターンと同じように打ってしまうと、前衛に引っかかってしまいます。

なので、サイドギリギリを狙うとクロスに返すことができます。

 

アドバンテージサイドの場合、クロスコートに打つと、思ったよりもクロスコート、

より右にボールが飛んでいくので、サイドアウトになりやすいんです。

相手のスライスサーブの横回転量を判断する必要があります。

スライサーブでも、横の回転量が多いサーブと少ないサーブがあるので、

何球か打つまで慣れる必要があるかもしれません。

しっかり振り切る

ラケットにただ当てるだけのリターンをしてしまうと、ボールの横回転の影響をもろに受けます。

できるだけ打ちたい方向にしっかりリターンをしたいのであれば、しっかり振り切る必要があります。

振り切ることによって、横回転にも負けず、しっかりとしたリターンを打つことができます。

いつもより左に構える

スライスでやっかいなのは構えた位置からボールが曲がってきます。

普段構えている立ち位置より一歩から一歩半、左に構えましょう。

特に左利きのサーブでやっかいなのはアドサイドでのワイドにきれるスライスサーブです。

シングルスラインに体の中心がくるように構えれば、

ワイドに来れるスライスサーブにも対応できるようになります。

慣れも必要

普段の練習相手に左利きがいなければ、いきなり試合で左利きのサーブを攻略しなければいけない状況になります。

「回転が右利きとは逆だ」「しっかりリターンしよう」と頭では考えても、すぐ対応するのは難しいものです。

どうしてもある程度の時間は必要です。

最初のサービスゲームは、左利きのサーブに慣らす時間だと割り切ることも大切です。

テニスはイメージも大事ですからね。

左利きにネガティブなイメージを持っていれば、結果も悪くなりがちです。

サービスゲームは元々キープして当然、

たまたまブレークできたらラッキーくらいの気持ちでいれば

メンタルも安定して、左利きに苦手意識を持たなくて済みます。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

コーディ

就職後、英語ゼロから社会人留学をし、のちにアメリカ勤務。ブログ歴3年目で、本ブログのアクセス数は月間6,000PV。 クローズドASP依頼獲得。ブログを書くことが趣味で、ブログ仲間を募集しています。

-テニス