当ページのリンクには広告が含まれています。 MONEY

【公開】初心者が3年間、投資信託をして得た収益はいくらだった?

2021年9月5日

投資信託って初心者でも資産が増えるの?

本記事ではこんな疑問を解決します。

 

投資したことがないけど、投資ってできるの?なんて思っていませんか?ぼくが投資を始めたときも同じように考えていました。

でも投資信託であれば初心者でも問題なく投資を始めることができます。実際、僕もほぼ投資の知識がない状態から投資信託を始め、トータルリターンがプラスになっています。

本記事では、投資初心者が約3年間、投資信託で資産を運用した結果について紹介していきます。

本記事でわかること

  • 初心者が投資信託で資産が増えるのか
  • どんな銘柄を選べばいいのか
  • 投資信託で気をつけるべきポイント

 

初心者でも投資信託で資産が増えた【放置でOK】

論、投資信託で毎月コツコツ積み立てた結果、トータルリターンは約15万円になりました。やったことは、ほぼ毎月定額を積み立てるのみ。それ以外は放置で見守るだけです。

以下、詳しい運用実績を公開します。

  • ファンド名:eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • 運用期間:2019年2月〜2021年9月(2年8ヶ月)
  • 積立金額:450,000円
  • 運用成績:+147,564円(+32%)

 

本当は毎月、コツコツ定額を積み立てるつもりだったのですが、忘れて積み立てできていない月もありました。2年8ヶ月で計45万円を投資した結果、トータルリターンが30%を超えているので、割といい方ではないかと思います。

グラフを分析してみましょう。全体としてはリターンが出ているものの、2020年3月にはリターンが-51,406円まで落ちています。これは新型コロナが原因 。ほとんどの投資信託はマイナスとなっていたようなので、リターンがマイナスになってもしょうがない状況でしたね。

大事なのは、マイナスになったからといって焦って損切りしないこと。2020年3月以降はリターンがプラスの状況がずっと続いています。投資に「絶対」はないので、良いときがあれば悪い時もあります。一時的にマイナスとなってしまっても焦らず、基本は放置です。投資信託は10年、20年スパンで投資をしていくものなので、気長に続けるのが一番いいと思います。

基本、毎月2〜3万円を投資信託で運用していましたが、今後、毎月の投資金額をもう少し増やしてもいいかなと思っています。

 

 

eMAXIS Slim先進国株式インデックスのいいところ

投資信託を初めてするとき、どんなものを選べばよいかわからないですよね。

ぼくも調べてみましたが、リサーチには時間がとてもかかります…

結果、投資信託のなかでもeMAXIS Slim先進国株式インデックスがおすすめではないかと思い、毎月定額をこの銘柄に投資しています。

大きな理由は2つあります。

 

信託報酬(運用管理費用)が安い

まず1つ目は、初心者にとっては信託報酬(運用管理費用)が安いほうがいいです。

投資信託には販売する販売会社、管理・運用するする信託銀行、運用指示を出す運用会社などが関わっています。この関係者に支払う手数料のことを信託報酬といいます。

eMAXIS Slim先進国株式インデックスの楽天証券の信託報酬は0.1023%ほど。

銘柄によっては信託報酬が2%とかあったりします。100万円を運用しただけで、年間2万円も手数料が取られる計算。なにもせず2万円も引かれるって高すぎ…

あなたの代わりに資産を運用してくれているので、投資信託をしている間はずっと信託報酬の費用がかかるのは納得できますが、基本的には運用成績に関わらずかかる費用なので、もし運用成績と信託報酬を合わせたらマイナスだ、なんてこともあるかもしれません。

実店舗の証券会社に行って商品を買うと、信託報酬や買付手数料がもっと高いはず。投資信託を始めるなら、圧倒的に楽天証券のようなネット証券がいいです。

 

リスクが少ない

eMAXIS Slim先進国株式インデックスは、損するリスクが小さい商品です。なぜなら、先進主要国の株式を詰め合わせにしているから。特定の国や企業を対象としたものではないので、どこかの国や企業の経済が悪くなっても影響を最小限にすることができます。

初心者にとっては、どんな投資がリスクがあるのか判断が難しいですよね。貯金をリスクの高い投資に回して、お金がなくなってしまったら絶望してしまいます。

投資はそもそもリスクがあって当然なのですが、初心者は知識がまだないので、投資のリスクをできるだけ最小限にするべき。

eMAXIS Slim先進国株式インデックスは以下の22カ国の通貨や企業の株式を運用しています。

  • アメリカ 71.9%
  • イギリス 4.7%
  • フランス 3.7%
  • カナダ 3.5%
  • ドイツ 3.1%
  • スイス 3.0%
  • オーストラリア 2.3%
  • オランダ 1.4%
  • スウェーデン 1.2%
  • その他 5.3%

上位銘柄として組み入れている主な企業は以下のとおり。

  • アップル
  • マイクロソフト
  • アマゾン
  • アルファベット(Google)
  • フェイスブック
  • テスラ

などなど、名だたる有名企業がいますね。先進国株式インデックスですが、上位銘柄はアメリカ企業が多いようです。

 

初心者におすすめの証券会社は?

ぼくは楽天証券を使っており、eMAXIS Slim世界経済インデックスも楽天証券で買うことができます。

楽天証券のメリット

  • 買付手数料がすべて無料
  • 楽天ポイントが貯められる
  • アプリが使いやすい
  • 日経新聞の記事が無料で読める

まず、買付手数料が無料なのが初心者にはうれしいポイント。

さらに投資したお金で楽天ポイントが貯まり、楽天市場での買い物に使えます。毎月、積み立てるとするとけっこう楽天ポイントがたまるので、さらに得することができます。

 

まとめ

今回は初心者が2年以上、投資信託を運用した結果について書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。

今の時代、銀行の預金金利は0.001%とかです。10万円を1年預けても、利息はたった1円…

ぼくはその事実に気付いてから、「まずは投資信託で1万円だけでもいいから投資にチャレンジしてみよう」と思い、投資信託を始めました。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

コーディ

就職後、英語ゼロから社会人留学をし、のちにアメリカ勤務。ブログ歴3年目で、本ブログのアクセス数は月間6,000PV。 クローズドASP依頼獲得。ブログを書くことが趣味で、ブログ仲間を募集しています。

-MONEY