TRAVEL

【元海外在住】追加料金なしで海外旅行の荷物を持って帰る方法を解説

海外旅行でお土産をたくさん持って帰りたいけど、スーツケースの重量オーバーだけは避けたい。何かコツはあるかな?

 

本記事ではこんな問題を解決します。

 

国際線で預け入れできる荷物には上限があり、いかに荷物を制限重量内に収めるか、困った経験がある方も多いのではないでしょうか?

 

ぼくは海外旅行を何度も経験し、スーツケースの荷物の整理を100回以上やってきました。

 

この経験から、スーツケースにできるだけ多く荷物を入れるコツを身につけたので、本記事で紹介していきます。

 

本記事を実践することで、スーツケースに最大限の荷物を入れつつ、余計なお金を払わずに旅するコツを知ることができます。

 

フライト預け入れ荷物には重量制限がある

国際線のフライトでは、預け入れできる荷物の個数や重量に制限があります。

 

そして国際線で預け入れできる荷物の重量については、各社は以下のとおり。

  • JAL:23kg
  • ANA:23kg
  • アメリカン航空:23kg
  • エミレーツ航空:23kg

 

上記はエコノミークラスの場合ですが、ほとんどの航空会社は同じみたいですね。

 

これ以上の重量だと、追加料金を支払わなければいけません。

 

追加料金も重量次第ですが1万円以上はかかります。

 

 

重量オーバーなだけで1万円も払いたくないですよね。

 

追加料金を払わず海外旅行の荷物をできるだけ持って帰る方法

今回、空港で荷物の機内預け入れをするときに追加料金を払わず、できるだけ荷物を多くスーツケースに入れるコツを紹介していきます。

 

海外旅行に何度も行ったときに実践してますし、、またアメリカから日本に帰るとき生活道具を運ぶのに使ったテクニックなので、実用性があるはず。

 

それではいきましょう。

 

①できるだけ軽いスーツケースを選ぶ

スーツケースにできるだけ多くの荷物を入れるのであれば、キャリーバッグ自体を軽いものにしましょう。

 

例えば、サムソナイトみたいな頑丈さが売りのスーツケースだと、壊れにくいですが、重量は大きさによって3〜5kgくらいあります。

 

国際線で23kgまでしか預け入れできないのに、入れ物の3kgを差し引いて中身は20kgまでしか入れることができません。

 

入れ物が重いせいで、全然荷物を入れることができないのは残念すぎます。

 

ぼくはできるだけ入れ物を軽量化するため、布地のスーツケースを使っています。

 

 

②チェックイン前に重量を測る

チェックインの前に荷物の重量を測っておきましょう。

 

以前、ぼくの荷物をギリギリまで荷物を詰め込んだら、チェックインのときに重量オーバーでその場で荷物を出して恥ずかしい思いをするし、周りにも迷惑がかけてしまった思い出があります。

 

なので、重量計を導入しました。

 

体重計みたいなものだと不正確なので、旅行にも携帯できる電子はかりをおすすめします。

 

これだと小さいので旅行に持っていってもほぼ邪魔になりません。

③重い物は機内に持ち込む

重いけど持ち運びやすいものは機内に持ち込みましょう。

 

ただし、機内持ち込みにも重量と個数の制限があります。

 

機内持ち込みの重量については、預け入れよりチェックがゆるいので正直、制限オーバーでも持ち込める場合があります。

 

しかし、重量制限は安全に飛行するために制限をかけているものなので、ルールは守りつつ、重量制限いっぱいまで機内持ち込みをしましょう。

 

④服は着込む

服は意外とかさばるので、できるだけ着込むことで預け入れ荷物のスペースを確保できます。

 

Tシャツは3枚くらい重ね着するとか、苦しくない範囲でできるだけ多く着込みましょう。

 

⑤服をできるだけ持っていかない

旅行期間が長いほど持っていく服が多くなって、かさばってくるので、日本から持っていく服はできるだけ少なくしましょう。

 

そうすることで、お土産を入れるスペースを増やすことができます。

 

持っていく服は1日か2日分くらいにして、現地で洗濯して着回すこともできます。

 

海外だと1回100円くらいでコインランドリーが使えたりします。

 

または、現地ですごい安いTシャツとかを買って、日本に帰るときに現地で捨てることもできますね。

 

よほど真夏でない限り、同じ服を2〜3日着ても誰もわかりません。

 

気をつけるべきポイント

スーツケースを入れるときに気をつけるべきポイントは次のとおり。

割れる物は入れない

海外ではスーツケースの扱い方が雑なので、割れ物を入れておくと割れることもあります。

 

せっかく買った大切な物が壊れると楽しかった旅行が台無しになってしまうので、割れるものや大事なものは預け入れではなく、機内持ち込みにしましょう。

 

まとめ

海外旅行から帰るとき、できるだけ多くのお土産を買ってしまって、飛行機に預け入れるときに重量オーバーで追加料金を払うのはすごいもったいないです。

 

本記事では、できるだけスーツケースに荷物を入れるコツや荷物を少なくする方法を紹介しました。

 

本記事を参考にして、海外旅行がより楽しくなればうれしいです。

 

本記事が少しでも参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

コーディ

就職後、英語ゼロから社会人留学をし、のちにアメリカ勤務。ブログ歴3年目で、本ブログのアクセス数は月間3,000PVほど。 クローズドASP依頼獲得。ブログを書くことが趣味で、ブログ仲間を募集しています。

-TRAVEL